アクセスカウンタ

言いたいことがある

プロフィール

ブログ名
言いたいことがある
ブログ紹介
 不動産業を始めたのがきっかけでお店をアピールするツールとしてこのブログを始めましたが、いつのまにやら不動産業とはまったく関係ない、私の好き勝手言いたい放題ブログと化してしまいました。
 今回路面店での不動産店経営から、ビル内事務所での不動産業に模様替えしたのをきっかけでこのブログの名前および私のニックネームを変更しました。写真は当社所在のビルです。

 という事で、あいも変わらずしつこめに論陣を張っていきたいと思います。単なる自己主張です。
 いいこと言っているなと思われたら是非コメントお願いします。もちろん反論もOKです。ただし、お馬鹿な言葉を用いてでの書き捨てはご勘弁下さい。
 基本的には「なにが事の真実なのかという思索をしていく」という主旨で続けて行きたいと思います。
 ただし、たまに空き部屋紹介も入れる予定ですが、場違いと思われたら適当に飛ばしてください。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
【君の膵臓をたべたい】住野よる ★★★☆
 2016年本屋大賞ノミネートの住野よる【君の膵臓をたべたい】を読んだ。帯の裏面にとっても小さな字で一般読者の声がたくさん書いてあって、老眼なのでパスして、早速読み始め、読了後改めてこの小さな声を確認したら、そのほとんどに「泣く」と書いてあるとおり、やっぱり泣かされたのだ。50代のおっさんの声を紹介しよう。「3回読みました。50過ぎのおっさんをその度に泣かせる青春小説がかってあっただろうか」 まあ、私は一度読んだ本は2度読みすらしない主義なので、3回はぜったいに読まないが、泣く度合いはこのおっさ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/03 18:03
【バッド・チリ】ジョー・R・ランズデール ★★★★
【バッド・チリ】ジョー・R・ランズデール ★★★★  下ネタ爆出のジョー・R・ランズデールの【バッド・チリ】を読んだ。この人の本はなぜか途中で引っかかること無くスイスイ読めちゃうので、つい最近もこのシリーズの前作【ムーチョ・モージョ】【罪深き誘惑のマンボ】を読んだところだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/01 14:15
【犯罪心理捜査官セバスチャン】M・ヨート&H・ローセンフェルト ★★★★☆
【犯罪心理捜査官セバスチャン】M・ヨート&H・ローセンフェルト ★★★★☆  スェーデンの脚本家コンビ初のミステリ小説、【犯罪心理捜査官セバスチャン】を読んだ。すごい犯罪心理学者が出てきて、神がかりの、いわゆる”プロファイリング”を駆使して犯人を追い詰める、という感じだと思ったが、趣は異なり、主人公の【犯罪心理捜査官セバスチャン】自体が超傲慢で、とっかえひっかえ女を口説いて寝るのを趣味とし、とてもチームプレイなど出来ない変人な上、セバスチャン以外の捜査側の人物達もそれなりの問題を抱えていて、それらの”煙幕”の中から、捜査対象となる人達の隠れた真実が徐々に浮かび上... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/30 12:31
【超予測力】フィリップ・E・テトロック&ダン・ガードナー
【超予測力】フィリップ・E・テトロック&ダン・ガードナー  「平均的な専門家の予測の正確さは、チンパンジーが投げるダーツとだいたい同じぐらいである」というジョークがあるあらしい。要は専門家のご託宣というのは結局当てずっぽうとほとんど変わらない、という事だ。そもそもこのような予測のほとんどは言いっ放し出しっ放しで、事後に科学的検証がされることは滅多に無い。本書では数々の傍証を挙げながら、専門家と言われる人達の予測がいかに当てにならないかという事実を白日の下にさらす。  例えば、アメリカの最たる情報知識収集機関である、CIA(中央情報局),NSA... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/22 11:59
【代償】伊岡瞬 ★★★☆
【代償】伊岡瞬 ★★★☆  読み始めから胸くその悪くなるような思いが募る、究極の悪を描いた、伊岡瞬【代償】を読んだ。とはいっても、もちろんその悪に代償を払わせる、という話ではある。しかし、最初の3分の1ぐらいは、あんまりムカムカして、本を持つ手を置いて気を静めなけらばなら無かったほどだ!後半からは一気読みで、久しぶりに超早読了となった。まあ、それだけ面白いって言えば面白かった。  しかし解説の”無内容”っぷりはひどかった。ただただストーリーをだらだら紹介して、最後は「伊岡瞬は今が旬!ミステリーファンは見逃す... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/18 16:24
【サイレント】カリン・スローター ★★★
【サイレント】カリン・スローター ★★★  カリン・スローターという米ベストセラー作家の【サイレント】を読んだ。帯には本人の写真が載っており、結構美人。それで買ったのかな?今となっては、どうして選んだのか分からない?往々にして、amazonのリコマンドで買っちゃう事がある。  しかし本作は彼女の延々とつづくシリーズもののひとつだ。前半はグラント郡シリーズ、後半はアトランタシリーズと言われる連作の、ちょうど中間ぐらいに位置するもので、主な登場人物達の抱える葛藤や相克がある程度読み進まないと合点がいかなかったので、もったいない... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/17 13:53
【兄の殺人者】D・M・ディヴァイン ★
【兄の殺人者】D・M・ディヴァイン ★  イギリスの作家D・M・ディヴァインによる【兄の殺人者】を読んだ。イギリスでは1961年に出版され、シャーロック・ホームズを思わせる古色蒼然たる”推理小説”(”ミステリ”という表現のの語感はこの場合ふさわしくない)である。シャーロック・ホームズがいつ頃の”推理小説”なのか調べたら、なんと1981年に第1作【緋色の研究】が出ている。なので、その間80年の開きがある。にもかかわらず、下手するとこっちの方(【兄の殺人者】)が古いのではないか、と思ってしまう。  電話の通話記録、毛髪や衣類... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/01 10:29
【愚者の毒】宇佐美まこと ★★★★
【愚者の毒】宇佐美まこと ★★★★  宇佐美まことの日本推理作家協会賞受賞の【愚者の毒】を読んだ。ホラー系の小説を得意とする作者なので、きっとそういう感じで進むのだろうな、と思って読み始めたが、良い意味で期待を裏切り、物語は一人の女性の語り、という形を取りながら、底知れぬ哀しみの予感を孕みつつ展開する。ホラーなのかサスペンスなのか?結果としてはそんな事はどうでも良く、戦後の高度成長の裏でうち捨てられた小世界に住む若い男女の悲哀の物語であると納得する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/20 14:27
【ムーチョ・モージョ】【罪深き誘惑のマンボ】ジョー・R・ランズデール ★★★☆
【ムーチョ・モージョ】【罪深き誘惑のマンボ】ジョー・R・ランズデール ★★★☆  ジョー・R・ランズデールという人の表記連作を読んだ。テキサスの田舎町ラボード(実在するようだ)に住むストレートの白人ハップとゲイの黒人レナードのハチャメチャコンビがシッチャカメッチャカの大冒険?の果てに難事件を解決するという話だ。最初に【罪深き誘惑のマンボ】を読んだ。なぜならこれがランズデールのこのシリーズの邦訳本の最初だったからだ。しかし、解説によれば【ムーチョ・モージョ】がその前の作品であるが邦訳の出版は後に出たらしい。そこであわてて【ムーチョ・モージョ】を読んだのだ。... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/06/11 13:23
【ミレニアム4 蜘蛛の巣を払う女】ダヴィド・ラーゲルクランツ ★★★
【ミレニアム4 蜘蛛の巣を払う女】ダヴィド・ラーゲルクランツ ★★★  スェーデンの夭逝した作家スティーグ・ラーソンの世界大ヒット作【ミレニアム3部作】のダヴィド・ラーゲルクランツによる続編【ミレニアム4 雲の巣を払う女】を読んだ。ラーソンは【ミレニアム3部作】を発表後わずか50才で病没してしまったが、遺族および出版社の指名によりジャーナリストでありノンフィクションを主とした小説作家でもあるラーゲルクランツがラーソンの作品を綿密に研究し、作風を引き継いだ続編を書いたという。既に一昨年の2015年末にはソフトカバーの単行本上下巻の和訳本が発売されていたが、そ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/27 16:44
【三秒間の死角】アンデシュ・ルースンド&ベリエ・ヘルストレム ★★★☆
【三秒間の死角】アンデシュ・ルースンド&ベリエ・ヘルストレム ★★★☆  スェーデンの作家アンデシュ・ルースンドとベリエ・ヘルストレムの共作による【三秒間の死角】を読んだ。「・・の死角」という題名のサスペンスは日本でも数有る。私自身は遠い昔に森村誠一の【高層の死角】を読んだ記憶がある。【三秒間の死角】の原題はスェーデン語で【Tre Sekunder】なので解説にあるとおり単に「三秒間」という意味なのだろうが、それをわざと【三秒間の死角】というふうに敢えて無駄と思える修正を加えて邦題するのが日本の出版社のよくやる手だが、特にだからといって売れ行きに影響する... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/29 10:06
【パードレはそこにいる】サンドローネ・ダツィエーリ ★★★☆
【パードレはそこにいる】サンドローネ・ダツィエーリ ★★★☆  イタリアの作家サンドレーネ・ダツィエーリの【パードレはそこにいる】を読んだ。古典を除いてはイタリア小説ははじめてだろうか。TVなどで観光に関する情報などは結構見るがその割に案外その実態がはっきり分からない国を舞台とした小説なのでちょっと読みにくかった。警察や検察の階級制度とか、彼らと一般市民の間の力関係とかの、謂わば”習俗”に関する予備知識が全く無いので、どうしても”遠い世界の話”感は免れなかった。それはフランスやドイツ、北欧やイギリスなども同じだと思うのだが、読んだ事の無い国の小説だ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/01 13:02
【ブロックチェーン革命】野口悠紀雄
【ブロックチェーン革命】野口悠紀雄  話題のビットコインに対する知見をもうちょっと深めようと思い、本書【ブロックチェーン革命】を読んだが、ビットコインそのものに関してはほとんど新しい知識が得られなかった、そればかりではない。全体的にブロックチェーン技術を応用した世界の新しい流れの単なる”レポート”が内容の大部分を占め、どこそこの調査研究組織がこのような発表をしています、だとか、どこかの政府ないし企業ではブロックチェーンを応用したこのようなサービスを開始しています(しようとしています)、というような、2次3次情報に過ぎない事... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2017/03/27 13:23
【機は熟せりークリフトン年代記第6部】ジェフリー・アーチャー ★★★☆
【機は熟せりークリフトン年代記第6部】ジェフリー・アーチャー ★★★☆  アーチャーのクリフトン年代記、長い!当初5部までとか言っていたのが、全7部に拡大され、どうやらそれも再拡大されそうな勢いだ。たださすがのアーチャーも77才らしい。どうだろうか?  とにかく面白いは面白いが、多分に食傷気味であることは否めない。主人公ハリー・クリフトンの人物的魅力につられてここまで読み進んできたが、巻が進むに連れだんだんハリーの出番が少なく、というか印象が薄くなり、本書第6部では強引にハリーにスポットを当てたという感が否めない。  とにかく早く終わって欲しい。終わ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/11 12:49
【コンビニオーナー残酷物語】熱血執筆
 今年になってコンビニエンスストアを巡って物議を醸し出す話題が続出した。私自身コンビニ店を1983年から30年ちかく経営していたので、私の経験を踏まえてどうしてこのような事が起こるのかいう事情と背後に横たわる大きな問題を語ってみようと思う。尚本稿ではコンビニチェーンのフランチャイズ加盟店での場合を主に想定している。いわゆる”直営店”ではまた別の話になる。また今日では多少仕組みや数字が異なる場合があると思われるが基本は同じだと思う。  各項の末尾には簡単な要旨をまとめたので、長文を読むのが面倒な... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/11 11:44
【満潮】シッラ&ロルフ・ボリリンド ★★★★☆
【満潮】シッラ&ロルフ・ボリリンド ★★★★☆ またまたまた北欧小説を読んでしまった。スウェーデンの人気脚本家夫婦シッラ&ロルフのボリリンド夫妻がはじめて書いたミステリ小説というふれこみで、前人気もとっても高かかったという。本書を始めとするシリーズは全世界で累計65万部出版されたという。  殺人現場はスウェーデンの「ノードコステル」という島。これが見つからない。ネットで普通に検索しても、GoogleEarthで検索しても出てこない。仮想の島かなと思い込もうとしていたが、作中に、天気が荒れやすく北海の雨風が吹きすさぶ、という描写があっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/09 15:29
【21世紀の歴史】ジャック・アタリ
【21世紀の歴史】ジャック・アタリ わずか38才で時のミッテラン大統領の特別補佐官を務めたジャック・アタリが”未来から見た21世紀の世界”という格好で書いた【21世紀の歴史】を読んだ。本国フランスでは2006年11月の出版だが後のサブプライム問題によるリーマンショックをあたかも予言したかのような形になったので大きな注目を浴びたそうだ。今回はTVのニュースショウでなんとかいう評論家氏がこの本に関して言及したので、ちょっと読んでみたいと思ったのだ。(ミーハーな私)  それにしてもアタリは事態の説明を一言で語る新語をバカバカ出... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/07 15:39
【弥勒の月】あさのあつこ ★★★
【弥勒の月】あさのあつこ ★★★ 青春小説?【バッテリー】で”児童文学に関しての賞”を複数受賞しているあさのあつこの初めての時代小説【弥勒の月】を読んだ。直球ズバリの”青春小説”とは趣が異なり、決して読者の期待通りには動かない主人公達の複雑な心理を描くあさのあつこの作風は、やはりこの時代小説でも再現されている。  あさのあつこの作品は感情移入して良いような、ちょっと離れて見ていた方が良いような、読者としても対応に困るのだ。ただ、この時代小説では、やはり一筋ならぬ主人公達のキャラ立ちがありはするものの、比較的オーソドック... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/03 15:25
【万華鏡】レイ・ブラッドベリ ★★★
【万華鏡】レイ・ブラッドベリ ★★★ SFの巨匠、レイ・ブラッドベリの自選短編集【万華鏡】を読んだ。まあSFと言ってもブラッドベリの場合はちっともScienceではなく、ギルバート・ハイエットの序文にあるとおり、ブラッドベリは科学に関してはろくに知らないらしい。強いて言えば「叙情仮想小説」とでもいおうか。全26編の短編はそれぞれ異なる風合いを醸し出してはいるが、共通するその臭いは多分にナルシスティックであり、少女趣味的でもある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/27 14:42
新春黙考(熱血執筆)
年があけた、だからといってなんと言うことも無い。世界は混沌として、不要な死者が出続け、生活と人生を失う人達が毎日多数いる。歌唄いは悲惨な戦争の唄をを歌い続ける。この国の労働人口はこれから1000万人規模で減少していくという。落日を感じるのは私だけだろうか?それとも、明けぬ夜は無い、という通り我々は曙光を見いだすことが出来るのだろうか?久しぶりに書評以外の記事をアップした。今年はも少し書評以外の記事も増やしたいと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/03 12:41

続きを見る

トップへ

月別リンク

言いたいことがある/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる