【キングの死】ジョン・ハート ★★★★

 ジョン・ハートの出世作【キングの死】を読んだ。  極貧家庭の生まれから身を起こし、弁護士としての名声を得、豪邸を持ち、巨万の富を築いた父は強欲で、女性を蔑視し、何事につけても家族を思い通りにしようとする最低の男だった。ジャクソン・ワークマン・ピケンズ(ワーク)は自身も弁護士として父と一緒に事務所を経営している。ワークはそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【初秋】ロバート・B・パーカー ★★★★

 ロバート・B・パーカーの私立探偵スペンサーシリーズの第7作【初秋】を読んだ。もちろん例によってシリーズ物であることを確認せず、古本屋で120円で買ったものだ。ちゃんと表紙に「スペンサーシリーズ」と書いてあるのに!スペンサーという私立探偵のお話は、遠い昔に1個ぐらい読んだ事があるような気はする。しかし内容に関してはまったく記…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【許されざる者】レイフ・GW・ペーション ★★★

 時効を過ぎた25年前の幼女強姦殺人事件。脳梗塞で倒れたが辛くも生き残ったスェーデン国家犯罪局の元長官、67才の(奇しくも私と同じ年、おおコワ!)ヨハンソンは、主治医から昔のこの事件に関する相談を受けた。ヨハンソンは麻痺の残る不自由な体を抱えながらも、迷宮入りしたこの幼女強姦殺人事件の再捜査を開始する。とはいっても、既に引退…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

【ねじまき少女】パオロ・バチガルピ ★★★☆

 ヒューゴー賞、ネビュラ賞、ローカス賞、ジョン・W・キャンベル記念賞、コンプトン・クルック賞など主要SF賞を総なめにした、パオロ・バチガルピというひとの【ねじまき少女】を読んだ。  石油が枯渇し、疫病と害虫が蔓延する近未来。海面が上昇し世界の沿岸都市のほとんどが埋没し、多くの国が崩壊した。タイのバンコクは水際を高い護岸壁で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more